左手のしびれ 50歳男性

数か月前から左手のしびれが強く、握力も低下、重いものが持てなくなくなった。

家族から病院で検査を受けたほうがいいと勧められ,受診。検査の結果頸椎椎間板ヘルニアと診断され、様子見と言われた。

数週間様子を見て病院に再び行き、相談したら手術を勧められた。

家族の反対で、子供がいろいろ調べて私のこと知り、来院。

カイロがどういうところなのか心配でそわそわしてたが、私の話を聞き、一安心。

握力が極端に低く、その上小指のほうがしびれが強く、肩甲間部の緊張もあり。

整形外科テスト等は異常なし。

こういうケースはまずはちょっとでも症状の変化をさせること。

特に胸椎の上部2,3が硬く、しびれの側に向かい押圧。

治療中に患者さんが左手が暖かくなってきたと言いながら動かす動作を繰り返した。

前鋸筋、上後鋸筋のトリガーも取りつつ、頚椎にアジャストもしないで終了。

本人握力も戻り、手のしびれも明らかに減ったと言います。

数日後再来日。

笑顔で80%治ったと大喜び。

5回ほどの治療で症状なし。

考察。しびれが頚椎の原因の時もあるが上部胸椎も大事です。