肋間神経痛 50歳女性

テニスが趣味で、一週間に2~3回はプレーしている。

バックハンドの時取れそうなボールが来たので、飛びつくように手を出した。

その時背中に電気が走るような感覚があり、あれと思ったが、プレー中はさほど痛みはなく、忘れてプレーした。

試合が終わり、着替えている時から右肩甲間部、右胸、右下腹部に痛みが出るようになった。

翌日起き掛けに激痛で動きができにくく、病院に行った。

検査では骨には異状なく、肋間神経痛と診断されシップをいただいた。

痛みが続くようならまた来院してくださいいと言われたが、湿布しか方法がないなら大好きなテニスも出来ないので友人に紹介され来院。

検査の結果、右胸腰椎移行部の近く、右胸椎10番の動きが極端に悪く、関節の遊びもなく、

真皮、筋膜の遊びもない。

まずはテーピングで部位を特定し、肋間に沿うようにテーピング。

腹臥位でほぐしながら最終的にチェスタードロップで関節に動きをつけた。

2回の治療で痛みが消え、無事でテニスも出来るようになりご満悦。

考察。肋間神経痛と診断されたらまずは、痛みの走行にテーピング,出来ればチェスタードロップ。