きのうは名古屋でのセミナーでした。

名古屋には私の数少ない大学時代の友人でゴルフ部の仲間で錦というところでオーダーサロン田中を経営し、私が尊敬する田中君がいます。

年に一度瑞浪のOB 会でしか会わないぐらい頻繁には会えませんが、今回ぜひ一杯飲もうと電話したら即答でOKが出ました。

きんぼしという田中君の弟さんが経営する焼き鳥屋さんで会いました。

とにかく料理がうまく、素晴らしいお話が聞けてそれでいてお酒も飲めてこの上ない楽しいひと時でした。

商売で大成功している彼に今回は聞きたいことがあったのでいろいろ質問しました。

あまり私は過去のことに興味がないので昔話はしませんが、私たちは二人とも麗澤大学というモラロジー(道徳科学)を基本教育とする学校での友人です。

ほとんど大学でまじめに勉強していなかった劣等生の私です。

モラロジーのこともほとんどわかりません。

そこでわかりやすく言うとモラロジーとは何ですか?質問したところ、伝統尊重、義務先行という答えが返ってきました。

我々には様々な先祖様からの恩恵や目に見えない力で守られているからこそこうして日々生かさせていただいているということです。

詳しい話はまた機会を見て説明させていただきますが、本当にためになりました。

それから商売の原則を聞いたところ、

”いいもの、本物をつくる。そして言い伝える。”

私は今までいいもの、手技治療家として30年以上本物を探してきました。

いいものをつくれば自然と広がる、誰かが認めてくれると信じて昨日まで生きてきました。

でも目が覚めました。

どれだけ素晴らしいもの、本物、いいものを持っていてもそれを誰も知らなければ宝の持ち腐れです。

私はここまでここで止まり満足していました。

でもいいものであることを追い求め、それを宣伝することを怠ってきました。

お織物屋さんで大成功した私のおじいちゃんが、小さいころからお金を追いかけるな。いいもの、いい腕があれば自然と収入は後をついてくる。

と言い聞かされて育った私です。

ここで大きな勘違いがありました。

いいものでも誰も知らなければただのものです。

本物の治療を今なお追い求めています。そこで今日からは宣伝する。みんなにわかってもらう。

この行為も付け加えて日々精進するつもりです。

治療の道から少し外れていると思いますが、皆さんも自分の治療だけに満足するのではなく、宣伝することを忘れないでください。

最後においしい料理をごちそうになりその上、素晴らしい話も聞かせていただき感謝いたします。

本当にありがとうございました。