スポーツ障害とはスポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、身体の一定の部位に負担がかかって起こる障害です。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害でもあります。

したがって、初期の段階で正しい処置をすることが、最も大切になります。無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなる事もあり、手術等までいってしまうと本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいますので、早めに千代田区の神田、秋葉原、神保町、淡路町エリアの山根さとる骨格LABOの専門治療で治癒させましょう。

主なスポーツ障害は、野球肘、疲労骨折、シンスプリント、ジャンパー膝などですが、これらは、千代田区の神田、秋葉原、神保町、淡路町エリアの山根さとる骨格LABOにてしっかりとケア・予防をすれば、発症する確率は確実に低くなるかと思います。当院は治療だけではなく、「怪我のしにくい身体作り」を目指しておりますので、予防トレーニングからセルフケアの仕方まで多岐に渡って指導させてもらいます。現在スポーツ障害や様々な疾患にお困りの方は

お気軽に千代田区の神田、秋葉原、神保町、淡路町エリアの山根さとる骨格LABOまでお問い合わせください。